DaikiのRakugaki

DaikiのRakugaki

"A life is not important except in the impact it has on other lives."

理系院卒ならではの「ES・面接対策」②

このページでは企業分析と志望動機について書いていきます。

正直、自分は企業分析の作業が一番就活を通して無駄な作業だと思っているのですが、避けては通れません。

 

一言でいうと

この事業がすごい!

社員の雰囲気がこんな感じでいい!

 

を見つけることです。ここで大事なのは自分を関わらせることです。

例えば数学科の学生が「農業の自動化ってすごい!」といっても、それは「スカイツリー高い!」「総理大臣って偉い!」と一緒ですよね。アツい人間が「社員がクールで良かったです」といっても説得力がありません。

 

具体的な話は人によっても企業によっても異なるのですが、この「自分と繋がりを持たせた企業分析」を心掛ければ最短で企業分析と志望動機ができます。

 

さあ、企業分析を行う具体的なツールですが

 

この3つがあります。それぞれ説明していきます。

 

インターン

ようやくインターンの話がでてきました。長かったです。

日本においてインターンは就活の早道としての印象が強いですが、本来は企業研究、企業においては学生を知る機会です。インターンの話の前に業界研究と自己分析を行ったのはそのためです。

インターンでいわゆる囲い込みが行われているのは事実であり、学生の身からしても囲いまれるとその企業が魅力的に見えてしまいます。だからこそインターンの前に自分の軸を認識してその軸に合うかどうか見て確かめることが大切だと思います。そうすれば自分の行きたい企業に囲い込んでもらえてラッキーです!

(私はインターン時期は留学中のため参加していませんが、周りを見て常々思うことを書きました)

 

OB訪問

実際に同大学出身のOBの連絡先をキャリアセンターや部活の先輩等に聞き、相談する方法です。きれいごと抜きで話ができるので深くまで知ることが出来ます。また、実際に自分のESの添削などをお願いしたり、悩んでいることも見てくれるのでおすすめです。

地方大学生にとってネックだった交通費も、コロナの影響でOB訪問がオンラインでできるようになったため、わざわざ東京に行く必要もなくなりました。

ただひとつ、礼儀には細心の注意を払いましょう!企業によっては人事がOB訪問の情報を集めているところもあるそうです。

 

企業HP、就活サイト、企業レビューサイト

忙しくてインターン行けない人、OBがいない人、インターン行くほどではないけど見てみたい企業がある人はここを参考にします。まあ当然気になる企業はここらへん見ますよね(笑)

ただここで再度アドバイス「自分と繋がりのある」部分にアンテナを張りましょう。人柄・事業・将来性・事業展開など・・・全てを見るときりがないので、アンテナを張って気になる部分をピックアップしましょう。

 

 

 

以上のツールを活用して企業分析ができたら、志望動機に繋げましょう。

先程意識した「繋がり」を言葉にするだけです。事業ならどのように自分が関わっていきたいか、人だったら自分がどんな人で何を成し遂げたいか。それが志望動機です。

志望動機は企業分析と自己分析の橋渡しです。最後まで悩み悩み悩み抜きましょう!
実際に自分の志望動機と友人の志望動機を挙げます。

 

ex.) 私は「他人に一生懸命になれる」長所があります。例えば部活で○○しました。商社という業界は社会全体を最適化する他社のためにある業界だと感じています。また御社は私の研究分野である△△に強みがあり、私の強みが全て活かされると感じ御社を志望しています。

 

ex.) 私は^^^

 

 

 

また、ここで大事なのは志望動機の深堀りです。

自己分析のときにやったso what法を、この志望動機にも当てはめましょう(これは自分の就活を振り返り唯一後悔していることです)

 

「〇〇が××なので御社を志望します!」

自体の完成度ももちろん大事ですが、そこに対する

なぜこの業界?なぜうち?なんの仕事で活かされる?どうしてそれを思った?

 

・・・ぬけが無いほどやりましょう。大手企業ほど厳しく追及されます。

 

 

さぁ、ここまでくれば就活は8割済んだといっても過言じゃありません。あとはES,面接とアウトプットするだけです。

 

 

 

 

理系院卒ならではの「ES・面接対策」①

橋本環奈「わたしぃ、最近太ってきちゃった。あと優しい男性が好き。あなたはイケメンだから好き♡」

広瀬すず「私ね、背が小さいのがコンプレックスで。だから背が高い人が好き。あなたは背が高いから好き♡」

 

さあ、男性諸君。橋本環奈と広瀬すずに告白されるという夢のシチュエーション。どちらがいいですか?(女性の皆さんは菅田将暉横浜流星で補完してください笑)

 

どうでしょう?橋本環奈は言ってることが散らかっていて本当に俺のどこが好きなの?って感じです。一方広瀬すずは一貫しているのでスッと入ってきます。ちなみに私は松岡茉優が好きです。

 

先程の告白を就活に置き換えると、

一文目:自己分析 (自分はこういう人間だ)

二文目:志望動機 (だからこういう企業に入りたい)

三文目:企業分析 (だって御社はこういうことやってるから)

になります。

 

これが一本真っ直ぐに決まれば、それすなわち内定です!まじです!

言い換えるとこんな感じをイメージください。

 

「」「」画像

 

 

この橋がよりきれいに、びしっと決まると自他ともに納得いきます。

でもこれが理系院卒となると意外と難しいんです。

 

学部文系の就活はエピソードトークの種は学外活動が主です。(サークルで~バイトで~ボランティアで~etc)

これだけなら企業の求める像に合ったエピソードを持ってくれば相手に合わせた自分を引き出しやすいです。

 

それに比べて理系院卒は学外活動研究活動という二つの柱があります。

どちらか一方のみだと、何のために院に行ったのか、パーソナルな自主性はどうなのか、曖昧になってしまいます。

 

これに一貫性を持たせるのが難しいんです。

じゃあどうするか。ここからは価値観によります。

 

一つ。橋がびしっと決まる企業に絞る。

個人的にはこっち派です。研究で頑張ったこと、部活などで頑張ったことが活かされる企業を志望することです。橋で例えると自分側から橋を立ててく作業です。どうしても合う企業、合わない企業が出てきますが、納得いく学生生活を送れます。

 

もう一つ。なんとかして橋を作る。

どうしても行きたい企業がある場合や、大企業志向が強い人はこっちです。向こう岸から橋を自分の方まで引いていく作業です。企業研究やOB訪問などで忙しく研究なんかしてる暇ない時期もありますが、自分の納得いく就活になります。

 

 

 さあ、自己分析ができた皆さん、次のページから橋を作っていきましょー!

 

 

 

理系院生ならではの「自己分析」④

それではあなたに対する質問をしていきます。

 

 

  • 自己紹介を30秒、1分、3分で

 

  • 小学生、中学生、高校生、大学生、大学院生はそれぞれどのような人?

 

  • 学生時代がんばったことは?(学問、課外活動それぞれ)

   そこから何を学んだ?

 

  • 人生の挫折経験は?(学問、課外活動それぞれ)

    そこから何を学んだ?

 

  • 周囲を巻き込んだ経験は?そこから何を学んだ?

 

  • あなたの性格は?エピソードと共に

 

  • 友達はどのような人が多い?

 

  • その友達からあなたはどのように思われている?

 

  • 集団におけるあなたの立ち位置は?(エピソードを交えて)

 

  • 苦手な人にはどう接する?

 

  • 尊敬する人は?なぜ?

 

  • 生きる上で大切にしている価値観は?

 

  • 決断のときの判断基準は?

 

  • 後悔していることは?

 

  • 最近感動したことは?

 

  • 好きな本・映画・音楽は?なぜ?

 

  • あなたの夢は?

 

  • あなたの強みは?5つ

 

  • あなたの弱みは?5つ

 

  • 自己PR(30秒、1分、3分)

 

 

 

以上です!いかがでしたか?

これであなたに関する質問はなんでも答えられます。いじわるな深掘りも問題なく対応できます。

これだけ対策しても意外と別の角度からの質問が飛んでくることがあります。

私も「あなたにとって倫理観とはなんですか?」と聞かれ、一瞬戸惑いました。でもこれって尊敬する人や価値観と類似しますよね。似たような質問に置き換えで、そこから引っ張ってくればいいのです。

 

さあ次はラスト。ES・面接に向けてです。理系院卒ならではの戦略を交えて話していきます!

 

理系院生ならではの「自己分析」③

自己分析をする前に、次のページの質問集をのぞき見しちゃいましょう。

今の段階でどれだけ答えられるでしょうか?

 

daikinorakugaki.hatenablog.com

 

簡単に答えられたら、あなたは自己分析が既にできていて、言語化能力に長けている人です。後から分析するのではなく、その時その場で考えられて決断している素晴らしい人です。

ただ大勢の皆さんは今の段階ではすぐには答えられないと思います。それでも大丈夫です!

 

それでは自己分析を始めましょう!

まずは皆さん、頭を真っ白にしてください。

真っ白な頭で年表を見て、考えられるだけ質問を書いていきます。このとき重視するのは「So what(何を?)」「So why?(なんで)」です。この考え方はコンサルでよく使うフレームワークです。コンサルに行く方はケース面接もあるのでいいトレーニングです。

面接で聞かれる質問には大学・大学院の経験で答えるという暗黙の了解がありますが、そのバックグラウンドには高校までの価値観や決断が関係しているので年齢が若い時代こそ丁寧にやりましょう。

先程の私の年表を例にするとこんな感じです。

 

 

「「「「写真」」」」

 

 

 

 この質問が多いほど深い自己分析になります。

あれ?価値観とか夢とか考えなくていいの?と思うかもしれません。例えばいまの段階で夢とか価値観とかを無理やり考えても、それはいまのあなたの感情でしかありません。

こうして過去の自分に質問していくことでずっと自分が大切にしてきたもの自分らしい考え方が見えてきます

 

 

 

 

さあ質問は出そろいましたか?

それではノートをめくって、その質問に答えていきましょう。質問の答えはシンプルに、一言で書くことをおすすめします。すると今度はその答えに対しても「なぜ?」「何を学んだ?」と質問が浮かんでくると思います。それが深掘りです。

この作業を自分の納得いくまでやっていると自分の考え方が客観的にわかります。

 

このときのペンの使い方ですが、

  • 黒ペン:事実
  • 青ペン:自分の考え方
  • 赤ペン:自分の大事にしている価値観
  • 緑ペン:そこから得られる、これからの自分にメッセージ

で書いていきます。このが重要になってきます!

 

まずは参考に例を出します。私が「なぜ留学に行こうと思ったのか」のページです。

 

「」「写真」

 

どうでしょうか。

このページだけでだいぶ私の性格や価値観がわかると思います。笑

なぜ商社を志望したのか、なんでこうして後輩のためにブログを書いているのかにも繋がっていますね。なんと驚き、このページではまだ留学にも行っていないのです!

 

例としてカッコいい所を載せましたが、もちろん自分の中で触れたくない部分も書いていきます。そこからも多くを学べます。 

 

??どうしよう

 

お恥ずかしい限りです。でも事実だけでは「部活で浮いていた」というマイナスしか残りませんが、そこから、これからもずっと大切にしたい先輩同期後輩が見えてきました。自分にしかない良い所と改善点が見えてきました。賢人は敵から多くを学ぶ、ではありませんが自分の黒歴史や後悔にもしっかり触れていきましょう。

 

それでは質問に答えていきましょう!!!がんばれ!!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

皆さんが書き疲れたときのためのcoffee break に、この自己分析のメリットを少し。

 

①志望企業の順位付けができる!

前のコラムの業界を見て興味のある業界を見つけても、企業はまだ山のようにありますよね。その中でどの企業が魅力的なんでしょうか? 

業界が一緒であれば事業内容も似ている。そうなると企業の大きさ平均年収の良さに目が行きがちです。皆が知っている企業に入れれば鼻高々ですしドヤ顔できます(笑) でもそれで本当にいいのでしょうか?

 

その答えが自己分析にでてきます。

実際に私もESを書いた時点では大手志向でした。やはり事業規模は大きいほうが魅力的ですし給料もいいですしね。

ただ自己分析を進めるうちに、自分がやりたいことが「大きな規模感(関わる人や扱う金額)の仕事」ではなく、「どんなに小さくても"自分"の手で動かす仕事」がしたいことに気づき、時価総額が低くても自分の裁量を与えてくれる企業を第一志望にすることに決めました。

こんな風に企業データに左右されない自分の絶対軸ができます!

 

②自分の強みがわかる!

何度も触れているのですが、自己分析によって自分の強みが分かります。

「ストレングスブラインドネスという言葉を知っていますか?

直訳すると、「強みの無知」。自己肯定感と捉えても可です。

日本の画一的な教育の賜物(?)で、日本人のストレングスブラインドネスの割合は高いらしいです。自分の長所が分からないまま日々を送るのと、自分の長所が分かり、それを伸ばそうと送る毎日では大違いです経験談

自己分析によって自分を客観的に見ると、自分の強みが見えてきます。するとその長所はどこでなにをどう発揮すれば活かされるかわかり、それがわかると今すべきことがわかります!ここに関してはほかの記事で詳しく書きたいなと思ってます。

 

coffee breakは以上!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

書き終わりましたか?お疲れ様です。

そしたらもう一度質問を見ていきましょう。今度はすらすらと書けるはずです。

 

 

daikinorakugaki.hatenablog.com

 

 

 

 

理系院生ならではの「自己分析」②

さあ早速自己年表を作っていきましょう!

まずは、ノート4色ボールペンを用意してください。

このときノートはなるべく大きいほうがいいです。本気で取り組みたい人はモレスキン等のいいものを買いましょう。一生の財産にしましょう。

なぜ4色ボールペンなのかはいずれ説明します。

 

ノートを開いて1ページ目っを横にして、そこに黒で自分の経歴を書きましょう。それが自己年表です。

この時大切なのが、「事実だけを並べること」です。

(もちろん選考で自己年表を提出しろって言われたら事実だけ書くのはダメですよ💦)

 

例として、恥ずかしながら自分の年表を載せます。

 

 

 

「「「「「写真」」」」」

 

 

 

 

こんな感じです。

できましたか?これであなたの人生の目次ができました!

次はこの目次から、あなたも気づけていない自分を見つける作業に入ります。

 

 

daikinorakugaki.hatenablog.com

 

 

理系院生ならではの「自己分析」①

私が就職活動をやって一番良かったなーと思うこと、それが自己分析です。

自己分析によって人生が豊かになったといっても過言ではありません。本当です。

 

ちなみに皆さんは自己分析と聞いてどんなイメージを抱くでしょうか。

「過去を美化する作業」「自分を盛る作業」

そんな声が聞こえてきそうです。

私は、「自己分析=学生から社会人になるための清算だと思います。

 

日本の教育では受け身的に過ごしてても学生は終わります。それに対して社会人は自発的に社会を動かさなければなりません。そこで、

  • [過去] 自分が学生として何を学んできたのか
  • [現在] 自分がいま何を思っているか
  • [未来] 自分は社会人としてどうありたいか

これらを言語化して面接官に伝える。それが就職活動です。そのために自己分析をするのです。

自分が辛いとき何を考えどう頑張れるかを知れるというのは今後の糧になります。自己分析をやらずに推薦で大企業に入る友人を見ると、少しもったいないなとすら思ってしまいます。

将来の自分のために今までの自分を清算して自分の教科書を作り、人生を豊かにしましょう!

 

この章では忙しい人のために最短で自己分析ができるよう

  • 自己年表を作る
  • 深堀りしていく
  • 面接でよく聞かれる質問集

に分けて説明していきます。

もし時間がある方や徹底的にやりたい方は、前田裕二さんというSHOWROOM社長の著書「メモの魔力」を一読してください!本当におすすめです。

 

それでは早速自己年表を作りましょう!

 

daikinorakugaki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

理系院生ならではの「業界選び」③

(②の続きです)

~商材を持たない業界~

さぁやって参りましたこのページ!気合い入れてくぜ!

金融や商社、コンサルは優秀な学生も多く集まり、高収入も相まって文理を問わず時代の主流です。産業を俯瞰した事業も多く、魅力的です。興味のある学生も多いと思います。

 

だ!が!し!か!し!

 

だからこそ、流れに乗らず一度立ち止まって考えましょう。

先ほど私はこれらの業界を「商材を持たない業界」と名付けました。そうです。これらは商材(自社製品、プロダクト)を持たないのです。

 

じゃあなぜ稼げるのか。

それは「必要としてくれる相手企業がいるから」

困っている企業がありその案件を解決する、そんな業界です。そのためどこに就職しても、一人ひとりの責任も大きく、勉強することばかりです。

 

それでは以上を把握して「必要としてくれる相手企業」のお悩みに対して、それぞれどのようにアプローチしていくのか深堀りしていきます!

 

 

 

「お金貸すからそれで儲けーや」金融(銀行、保険、証券)

技術や将来性があるのに資金が足りない。新しく事業をしたいのにお金がない。リターンも大きいけどリスクも大きい。そんな企業に資金面でアプローチする業界です。

企業に資金力は外せません。できる事業や投資の規模が変わります。どの企業も資金力を大きくしようと事業展開を図ります。

そんな企業やスタートアップに将来性を見出だし資金援助をしてリターンを得たり、リスクを負担する。そんな業界です。

扱う金額が大きいことや、将来の日本産業の鍵を握っているが故に、強い責任感のある人が多いです。

大きな魅力の一方で、企業に投資するということは選ばれなかった会社が存在することを意味しますし、債権放棄した会社に乗り込み大リストラを敢行したりなど、時には冷たいことをやらなくてはならない。情と非情を行き来しながらお金を回す。責任は計り知れないほど大きいです。

 

「大丈夫?相談のるよ?」コンサル、シンクタンク

皆さんの中には一番ここを知りたい人が多いのかなと思います。やはり企業や政府を相手に政策提案や業務支援などが若い内からバリバリ経験できるのは他にはない大きな魅力です。thinkのtankなんて「頭脳集団」ですからね。格好いいです。

高い論理性を持つ皆さんなら企業を選ばなければ入ることは可能だと思います。しかし、ここも適職というものが存在します。

 

 コンサルは相手企業(クライアント)を持ち、クライアントの抱える課題を解決していきます。シンクタンクはコンサルよりも社会問題に近い分野で調査や分析を行います。

そのためにはその業界や企業体制を短期間で、役員よりも詳しく知り、解決案を提案します。故に激務は避けては通れないでしょう。また、相手の立場になって考える力ことも大事です。

 

それではクライアントの社長の立場になって考えてみましょう。あなたは中小企業の社長で、事業展開に悩んでいます。安くない資金を捻出しコンサルタントを頼んだら子供と同い年くらいの若造がいろいろお提案してきます。実際にリスクを背負い汗を流すのは自分と自分の部下です。

・・・素直に意見を聞きますか?考えが昭和な私は「お前がやってみろ!」なんて言ってしまいそうです笑

それでも納得させてお金をいただくには人並外れた論理性と一生懸命さが必要です。

またコンサルは外資系が多く進出しており、「アップオアアウト(出世or退職)」の厳しい世界です。

 

新卒でコンサルに入って、若いうちはバリバリ仕事に生き、様々な業界に詳しくなってから転職の時期を見測る。そんな人が多いです。

 

「一緒に解決しよーぜ!」商社

 商社は、「ラーメンからロケットまで」様々な企業の部品調達や海外販売代理店などを行う、企業の便利屋です。

 江戸時代末期から日本と世界の懸け橋となり支えてきた日本特有のスタイルを追求しています。かつてのモノを動かしマージンを貰うだけでなくリターンの大きい資源投資やベンチャーキャピタルなど投資にも手を拡げています。

文系職のイメージですが、最近は世の中のDX(デジタルトランスフォーメーション)に力を入れていることも伴い理系も2~3割採用しています。

 

最大の魅力はやはり「自分」で商売することができることです。メーカーがモノ、金融が資金、コンサルが頭脳で勝負するのに対して商社は人で勝負です。なので人材育成もしっかりしています。

事業を見ると一見魅力ですが、実際は泥臭い業務が多いです。定時以外にも海外の時差に合わせていつでも出動しますし、いつでもどこにだって駐在します。最近は減っているそうですが接待の飲み会やゴルフも多いです。将来の結婚相手や子供も少なからず振り回してしまいます

 日本ならではの企業だからこそ、義理人情に厚く仕事に生きる、良い意味でも悪い意味でも昔ながらの人間が多いです。(最近はだいぶ変わってきていると伺いますが、根本はそのような方が多いです)

 

 

 

以上で業界の紹介を終わります。いかがだったでしょうか?金融・コンサル・商社、それぞれ大きな魅力があるからこそ良い所だけでなく様々な側面から解説してみました。

 

皆さん行きたい業界は見つかりましたか?

 最終的に皆さんは必ず「らしい」業界を選びます。メーカーらしい人、ITらしい人、銀行マンらしい人。でも意外と自分で自分の「らしさ」には気付けないと思うので、まだ決めかねている人は家族や親友や恋人と見るとまた違う自分に出会えると思います!

いまの段階では業界が決まっても具体的な企業は広く浅く見るくらいでOKです!インターンで実際に行きたい企業を探すときまでにある程度絞れているといいですね。

あとで業界→企業の絞り方のコツについても言及します。まだ業界を決め切れていなくてもざっくりでALL OKです!

 

そしたら次からは具体的な就活テクニックに進みます。

はじめは自己分析、それから面接・ES対策です!

 

 

daikinorakugaki.hatenablog.com